EMBASSY OF BOTSWANA Tokyo,Japan English
Contact サイトマップ Home
大使からのメッセージニュースとお知らせボツワナ概要旅行情報ビザ情報ボツワナでのビジネス科学技術大使館ガイドFAQ

Home > ボツワナ概要 : 政府と政治 > 憲法 / 内閣 / 国会 / 国民議会

政府と政治

憲法
ボツワナ憲法は1966年9月30日に採択されました。憲法には、立法府、行政府、司法府という三つの主要機関を持ち、大統領を元首とする共和制が規定されています。行政府は大統領率いる内閣から成り、国家政策の指揮を執り、政府の各省や特定のサービスを提供する半官半民の組織を管理する責任を負っています。司法府は国法の解釈と執行を行い、行政府、立法府から独立しています。

大統領は国家の象徴です。大統領は行政府の長、軍の最高司令官であるとともに、立法府にとっても重要な立場にあります。議会解散権、副大統領および大臣の選任・解任権、特赦権を持ちます。外交では、大統領は国家元首として、宣戦布告や条約調印をする権限、外国国家・政府を承認する権限を持ちます。

内閣

大統領率いる政府の行政部門は、閣僚をメンバーとする内閣から成り、国務の執行に対して責任を負います。大統領は、自ら国会のメンバーの中から選出した閣僚の助言に基づいて行動します。したがって、全ての閣僚は国民議会議員です。現在、省庁の運営に当たる16人の大臣と8人の副大臣がおり、議会での討論や答弁を分担して行い、各省庁の様々な職務に対して責任を負っています。通常、閣僚は国会のメンバーとして連帯責任の倫理に縛られます。閣僚は国民議会に対して責任を負いますが、大統領は、国民議会または内閣に諮ることなく閣僚の選任・解任ができます。内閣には大統領、副大統領、法務長官(職権によるメンバー)、大統領事務次官(職権によるメンバー)も含まれています。

国会
ボツワナの最高立法機関は大統領と国民議会から成る国会です。部族や慣習に関する事柄については、国会は族長会議と協議の上で行動する義務があります。大統領は国民議会の一員であり、いつでも国民議会で演説を行なったり、国民議会を招集・解散したりする権限があります。国会の中心機能は、法律案の議決、政策や行政の綿密な検証、政府活動の監視です。


こうした機能を行使し、国会は監視役として、関連する問題に政府と有権者の関心を向けさせます。大統領が国際条約や国際協定を承認する際は、事前に国民議会に諮る必要があります。


国民議会

国民議会は国民の普通選挙権の行使により選出された代表で構成され、現在の議席数は61(57議席が選挙による選出議員、4議席は特別選出議員)です。3議席は大統領、法務長官、議長のものです。議長は議員により選出され、議会のあらゆる審議を取り仕切ります。司法長官は議会の最高法律顧問です。