EMBASSY OF BOTSWANA Tokyo,Japan English
Contact サイトマップ Home
大使からのメッセージニュースとお知らせボツワナ概要旅行情報ビザ情報ボツワナでのビジネス科学技術大使館ガイドFAQ

Home > ボツワナ概要 : 政府と政治 > 族長会議 / 選挙 / 司法

政府と政治

族長会議
族長会議は伝統的な指導者の議会です。職権に基づいて選ばれたメンバーと選挙によって選ばれたメンバーから成り、慣習に関する事柄に関して国会に助言を行います。特に、族長の権限、慣習法廷、慣習法、部族の財産に関する事項、憲法改正について検討する場合、国会は事前に族長会議に相談する憲法上の義務を負っています。一方、族長会議は、国民議会から照会されたいかなる議案についても検討し、決議を国民議会に提出する憲法上の義務を負っています。

選挙
国民議会選挙は、5年ごとに国会解散後に各選挙区で行われます。これまでにボツワナでは、1965年以降、自由で公平な選挙が8回行われました。各選挙区から一名の国会議員が選出されます。男女を問わず、18歳以上で選挙権を持っていれば、誰でも選挙に立候補できます。ただし、心神喪失や精神異常をきたしている人、死刑宣告を受けている人、破産宣告を受けている人、6か月以上の禁固刑が言い渡されている人は資格がありません。

国民議会で議席の過半数を獲得した政党が、大統領を元首とする政府を構成します。大統領は国民議会から閣僚を指名します。最大野党が公式野党となります。選挙(大統領選挙、国民議会選挙、地方選挙)は、独立した無党派組織である独立選挙委員会が執り行います。独立選挙委員会の最大の目的は、最良の選挙原則と選挙実施法に従って、自由で正当な選挙を効率的かつ効果的に行うことです。ボツワナでは小選挙区制を採用しています。この制度は、選挙に勝利する政党が国会の議席の過半数を獲得する「一党勝ち」としても知られています。そして国会の議席の最多数を得た政党が政権を担当します。

司法
ボツワナの司法は、主に控訴裁判所、最高裁判所、治安判事裁判所から成る司法機関によって行われています。先住性のある事柄や、限られた範囲内で刑事訴訟や民事訴訟を扱う慣習法廷(ディコトラ)もあります。慣習法廷の判決に対する上訴は慣習控訴裁判所に移され、必要があれば最高裁判所に移されます。最高裁判所は司法の要であり、民事・刑事に関わらずあらゆる訴訟を審理し、全ての下級裁判所の裁判に対する再審理を行う無制限の権限を持ちますが、最高裁判所の判決に対して控訴裁判所に訴えを出されることはあります。

ボツワナの普通法は、かつてのケープ植民地から受け継いだローマン・ダッチ法です。この普通法はボツワナの判例法を形成する司法判決と国会を通過した制定法によって、何年もかけて整備されました。刑法はほとんどがイギリス刑法にならっており、成文化された刑法典が存在します。刑事訴訟証拠法は南アフリカの法律に基づいています。つまり、実体刑法はイギリス法に基づくものですが、手続法はローマン・ダッチ法になります。死刑は今でも存在していますが、死刑判決を下すか否かは、個々の訴訟の状況に応じて、最高裁判所が裁量します。また大統領には特赦権があります。

法を適用する際は、生命・自由・財産の保護について規定している憲法に厳密に従います。憲法によりその独立が保障されている裁判所は、ツワナ語で言う“ga re lebe motho, re leba molato”、つまり「裁判にかけられる人物の地位に関わらず法は平等に適用される」という原則に従っています。

健全な行政への取り組み

政府は、汚職・経済犯罪理事会を設立しました。この理事会は、運営上は独立機関であり、汚職や経済犯罪の疑いがある事件の防止・調査に努め、汚職の害悪について国民を啓蒙し、汚職行為撲滅運動に対して国民の支持を求めることを目的としています。政府業務について行政過誤を防ぐためのさらなる方策として、行政監察官事務局が設立され、公務員による不正行為の調査と、必要であれば、是正措置の勧告に当たっています。

ベルリンを本拠地とするトランスペアレンシー・インターナショナルが2009年に実施した世界汚職ランキングでは、ボツワナはサハラ以南のアフリカで最も汚職が少ない国であると評価されています。