EMBASSY OF BOTSWANA Tokyo,Japan English
Contact サイトマップ Home
大使からのメッセージニュースとお知らせボツワナ概要旅行情報ビザ情報ボツワナでのビジネス科学技術大使館ガイドFAQ

Home > 旅行情報 : 見どころ > 南部エリア:ハボローネ

Tourist Information

ハボローネ
http://www.botswanatourism.co.bw/attractions/img/gaborone0.jpgボツワナの首都であるハボローネは、南アフリカとの国境検問所トロクウェンから15km離れた、ボツワナの南東の角を流れるノトワネ川沿いのカレ丘陵とオーディ丘陵の間の平坦な谷あいにあります。アフリカで最も急成長を遂げる都市といわれる、活気にあふれる華やかな町です。

1998年の調査で、ハボローネの人口は19万2000人でした。首都として、ハボローネは政庁所在地であり、国の商業・行政の中心地となっています。

町の名は、1880年代にこの辺りにバトロクワ族を導いた、ハボローネという名のコシ(族長)にちなんでつけられました。バトロクワ族は、トロクウェン一帯に定住しました。トロクウェンは、南アフリカから車でボツワナに入り、10kmほど東に行ったところにある最初の町です。現在はトロクウェンの近くの「ビレッジ」として知られる地域に、1890年代初期に植民砦が建設され、その跡は今でもビレッジ・シネマの近くにあります。

ベチュアナランドの独立計画が進められるにつれ、国境線の内側に行政都市を設立する必要性が認識され始めました。ベチュアナランドは、行政の中心地であるマフィケンが国境外にある、世界でたった一つの領地でした。マハラペ、シャシェ、フランシスタウン、セロウェ、アルテシア、ロバツェ、ハボローネ、マウン、そしてトゥリ・ブロックの一地域の計9か所が候補に挙がりました。

その中から、戦略的に有利な位置にあり、鉄道網とプレトリアに近く、既存の行政官庁があり、主要な民族の大部分にアクセスしやすく、特定の民族とのつながりがなく、そして何より主要水源に近かったため、ハボローネが選ばれました。

3年という短い期間で、アフリカの荒野に新たな首都が出現しました。首都として完成するまでに、ハボローネには国会議事堂、官庁街、発電所、病院、学校、ラジオ局、電話局、警察署、郵便局、銀行、商店、教会、ホテル、醸造所、スタジアム、1000戸以上の家屋が建設されました。アフリカにおけるイギリス植民地・保護領の中で11番目に独立するベチュアナランドでは、1966年9月30日の独立記念日に向けて、基本的なインフラが整備されました。

現在では状況は全く異なり、ハボローネは活気に満ちた近代都市となり、近隣国からうらやまれるほど、アフリカ有数の経済発展を遂げています。

ハボローネにはあらゆる種類の輸入品や地産品を扱う、数多くの混雑したショッピングモール、素晴らしいレストラン、世界一流レベルのホテル、スポーツクラブや様々なナイトクラブなどがあります。新しい建物や郊外住宅地が次々と出現しており、その結果、低価格な住宅やアパート区画、ショッピングセンター、工業団地などが入り混じって存在しています。

政府省庁、国会、族長会議、公文書館は、全て官庁街に集まっています。ボツワナ大学、国立博物美術館、スタジアムやゴルフコースもこの一帯にあります。

1998年後半には、ハボローネにYarona FMやGabzFMといった民間のラジオ局が開設されました。政府のRB2ラジオステーションと連携して地元の才能あるミュージシャンを発掘し、育成するための番組を放送してきた結果、着実にミュージシャンが育ちつつあります。

2000年8月30日には、初の国営テレビ放送であるボツワナテレビ(BTV)が開始されました。ハボローネに本部を置くBTVは、アフリカで初めて全面的にデジタル技術を利用するテレビ局です。BTVの放送信号は、アフリカ大陸の大部分を電波到達範囲とするPAS7衛星から送られています。

ハボローネで開催されるボツワナ国際見本市は毎年恒例のイベントです。ナショナルスタジアムではサッカーの試合や文化行事が頻繁に行われ、マイティソン文化センターをはじめとする数多くの会場で、音楽や劇の公演が行われています。

町にほど近いセレツェ・カーマ国際空港は、あらゆる大型機に対応可能な近代的な設備が整っており、近年になって、ボツワナ領空でのフライトの安全性を高めるため、最新のレーダー施設を導入しました。

現在、ハボローネには素晴らしい工芸品店がいくつもあるので、ハボローネを訪れる旅行者は、その中から好みの店を選ぶことができます。ボツワナ国内の工芸品を専門に扱うボツワナ・クラフトの直販店が、ハボローネには数店舗あります。キャンプヒル・チャリティ・ショップは、手作りの良質の木製家具と、地元の陶器や織物などの様々な工芸品を置いています。パカラネ地区から北に5kmのところにあるオーディ織物協同組合では、織物工房の見学や売店を回ることができるほか、ハボローネのカプチーノカップセットで大変な人気になりつつあるブロードハーストのクラフトワークショップには、様々な高級工芸品の小売店が入っています。

ハボローネから日帰り旅行を検討される方は、フランシスタウンへの道路上に位置するモチュディの5、6km北に、数少ないボツワナの「天地創造」遺跡である「マツィエンの足跡」があります。ぜひ一度足をお運びください。


メインモール(モール)

http://www.botswanatourism.co.bw/attractions/img/gaborone02.jpgメインモールは、ハボローネ散策の出発地点です。鉄道駅と軍隊の駐屯地の間に位置し、独立に向けて、1963年に町の中心として計画されました。現在では、商店や銀行、オフィスなどのほかに、人々が工芸品や様々な品物を売っている歩道もあり、ハボローネの中心地として賑わっています。モールの東端には、シビック・センターがあり、公立の参考図書館(本の貸し出しは行わない)も入っています。シビック・センターの反対側には、ボツワナの独立を記念して建てられたプラ・アーチがあります。


国会

国会議事堂は、官庁の高層ビルに囲まれ、メインモールの起点である官庁街にあります。この官庁街の中心には舗装された広場があり、1939年から1945年に起こった第二次世界大戦で、同盟国と共にファシズムに立ち向かって亡くなった300人のボツワナ人を追悼する戦没者記念碑が立っています。ボツワナの初代大統領セレツェ・カーマの像もあります。


ナショナルスポーツスタジアム、ゴルフクラブ、クリケットクラブ、ラグビークラブ、テニス協会コート

http://www.botswanatourism.co.bw/attractions/img/gaborone02.jpgメインモールから約2km南には、ナショナルスポーツスタジアムやハボローネゴルフクラブ、クリケットクラブ、ラグビークラブ、ボツワナテニス協会コートがあります。テニス協会コートでは、1997年に国際大会であるデビスカップの予選が開催されました。ハボローネには数多くのジムがあり、全ての主要ホテルには、館内に素晴らしいジムとフィットネスクラブ施設があります。最近、ハボローネで2番目のゴルフコースがパカラネに完成しました。高級住宅地に隣接した森林地に、素晴らしいクラブハウス施設を誇り、綿密にデザインされたゴルフコースがあります。


カレ丘陵

カレ丘陵は西側からハボローネの町を見下ろしています。カレ丘陵では山歩きを楽しめ、息を飲むほどに美しいダムと町の景色が望めます。丘陵を登るには、急な岩坂を登るラスティ・ルート、反対側から登る道のりの長いトランスフェルト・トレイル、クロス・コピーへの鞍部をわたる起伏のなだらかなルートという、特徴ある3つのルートから選べます。それぞれのルートは1時間もかかりません。カレ丘陵にはヒヒの群れが住んでおり、クロコシジロイヌワシのつがいが、頂上からすぐ下にある岩だらけの断崖に毎年巣を作ります。早朝にヒョウを目撃したという報告もあります。


セントクレア・ライオン公園

ライオンが目玉ですが、セントクレア・ライオン公園には他にも楽しみがたくさんあります。ハボローネからロバツェに向かう道路を14kmほど行ったところにある開けた森林地帯にあるこの公園では、家族向けの様々な野外活動が行われており、「ハボローネ4×4(四輪駆動車)クラブ」のお気に入りの行きつけの場所となっているほか、週末にピクニックをしたり、短期休暇を過ごしたりなど、リラックスできる場所となっています。入園料が必要で、レストランやバー、広々とした子供の遊び場、乗馬道、オートバイ体験、ハゲワシレストラン(オツェのケープハゲワシに餌をあげるところ)、3つのダム、野生動物観察場、ピクニック場、キャンプ場などの施設があります。公園は毎日開園していますが、バーとレストランは月曜日には営業していません。

その他の見どころとしては、国立博物館とアートギャラリーハボローネ動物保護区モコロディ自然保護区ハボローネ・ダムタマハ製陶所などがあります。