Tourist Information

 

地理

アフリカ南部の内陸国であるボツワナは、砂で覆われた盆地で平均海抜1,100メートルのカラハリ砂漠が、その国土の大部分を占めています。東経20度から30度、南緯18度から27度の位置にあります。

北東側はザンビアとジンバブエ、北および西側はナミビア、南および南西側は南アフリカに国境を接しています。最北部のカズングラ地域には、ボツワナ、ジンバブエ、ザンビア、ナミビアの4カ国がザンベジ川上の1か所で交わる地点があります。

一部には河川が国境になっているところがあります。北の国境に沿ってチョベ川、南西の国境をノソブ川、 南の国境をモロポ川、東の国境をマリコ川、シャシェ川、リンポポ川が流れています。北部のオカバンゴ地域やチョベ地域を除き、ボツワナには恒久的な地表水がほとんど存在しません。

 

 

 

ボツワナは南部アフリカに位置し、国土の約3分の2は亜熱帯に属します。マハラペのすぐ南側に南回帰線(赤道の南、23度30分の緯線)が通っており、これは、太陽が正午に天頂に来る最南端の緯度です。太陽が正午に天頂に来るのは、一年のうち最も昼の長い夏至の日です。(南半球の夏至は12月で日本の冬至にあたる)

 

ボツワナの最北部から最南部までの距離は約1,110kmです。東西の最大幅は960kmとなっています。ボツワナの面積は約58万1,730kmで、日本の約1.5倍です。最も近い南西の海岸線からの距離は約500kmです。

人口の80%は、3つの大きな都市がある東部に集中しています。北はラモクウェバネ、南はラマトラバマまで広がる細長いエリアです。インセルバーグ(浸食抵抗性のある岩石の露出部)やコピー(風化し石塊になった岩石)が点在し、地形と地質が多様です。南東部も、ある程度の降水量があり(カラハリと同じくらい乾燥しているボビルワを除く)、土壌の自然のままでの肥沃度では農業に利用できる可能性は低いものの、カラハリの砂地よりは優れています。

ボツワナの西側にはカラハリ砂漠が広がり、国土の84%を覆っています。さらにボツワナの西の国境を大きく越え、南アフリカやナミビア、アンゴラの大部分までをも覆っています。

しかし、カラハリは厳密には「砂漠」でありません。初期の旅行者は、カラハリを「乾燥地帯」と定義しました。カラハリの大部分は、矮小有刺植物、低木林、林や草地をはじめとする植生で覆われています。大部分は変化の少ない平坦地で、時に緩やかな谷や砂丘、多数の窪地、最北西部ではアハ・ヒルズ、ツォディロ・ヒルズ、コアナカ、チュイハバなどの単独の丘陵が点在します。南西部には、規模と複雑性が異なる砂丘帯があります。窪地には雨季の間に水がたまり、地表層が硬いため水はすぐには吸収されずに残ります。こうした窪地は野生動物にとって、そこに存在する塩分や草から貴重な栄養分が得られるため、非常に重要です。

国の北西部には、アンゴラの高原地帯を水源とするオカバンゴ川が流れ込み、カラハリの砂に染みながら1万5,000kmにわたり 網の目状に水路やラグーン、湿地、小島を形成したオカバンゴ湿地帯が広がります。オカバンゴ湿地帯は世界最大の内陸河川デルタで、その面積は日本の四国ほどにおよびます。カラハリの北東部には、大規模な網の目状の塩低地・一時湖群であるマカディカディ・パンがあります。

ボツワナにはこれと言う山脈がなく、特に南東側の国境沿いや最北西部地域は、ほぼ一様に平らな地形であり、時に低い丘陵が現れる程度です。ボツワナの最高峰はロバツェの近くにある1,491mのオツェ山ですが、国の北西角にあるツォディロ・ヒルズの主要な3つの山頂のほうがより印象的です。

 

 

気候

北部は熱帯気候で、年間降水量が国内最多です(500〜700ミリ)。東部は半乾燥・亜熱帯気候で、年間降水量400〜500ミリです。西部にはカラハリ砂漠があり、国内で最も乾燥した地域です。南西端部では平均年間降水量が250ミリにも届きません。

雨期は11月から3月です。1月、2月が最も雨の多い月とされています。10月と4月は乾期と雨期の変わり目です。雨はだいたい夏(11〜3月)に降り、冬(5〜7月)には年間降水量の10パーセントしか降りません。
夏は昼夜にわたって非常に暑いのですが、雨や雷雨が多く、雨が続いた後は涼しくなります。日中の気温は摂氏35度に達します。場所によってはさらに高くなります。湿気がほとんどないので暑さは我慢できます。
冬は乾燥して寒いです。夜は特に寒く、冬の気温は摂氏2度くらいまで下がります。特に南西部では冷え込み、たまに氷点下の気温も記録されます。

 

 

通貨と銀行

通貨の単位はプラ(Pula)です。 これは、「雨」と「あいさつ」を意味します。
100テベ(Thebe)が1プラです。10プラ、20プラ、50プラ、100プラ、200プラの紙幣があります。
地方や観光地域では銀行業務がとても限られているので、お金は街で換えておいてください。
ロッジやホテルでは兌換可能な外国通貨が使えます。国境事務所にも通貨交換所があります。
外国通貨規制により、入国の際に申告されている場合には、外国為替は持ち込み、持ち出し可能です。

およその為替レートは下記の通りです。

 

P1 = USD 0.1437
  GBP 0.0968
  AUD 0.1597
  EUR 0.1128
  JPY 13.3175
  ZAR 1.0928

 

 

トラベラーズチェックの国内への持ち込み、持ち出し制限はありません。居住者の出入国の際の現金持ち出し・持ち込み制限は最高1000プラです。

 

 

保健衛生と安全

ボツワナの医療制度は、様々な種類の保健医療機関(紹介病院、地区病院、初等病院、診療所、簡易診療所、移動診療所)で構成されています。

地区病院と初等病院は、ハボローネのプリンセス・マリーナ病院、フランシスタウンのニャンガグウェ病院、ロバツェのメンタルホスピタルの3つの紹介病院に患者を紹介します。紹介病院は、ニャンガグウェ病院のコンピュータ断層撮影(CT)スキャナや、プリンセス・マリーナ病院の核磁気共鳴映像検査(MRI)室やCTスキャナなど、様々な診療専門機器を備え、より高度な診断施設の利用が可能です。ハボローネには私立病院もあるほか、多くの個人開業医がいます。民間医療救助サービスも利用可能です。


他のアフリカ地域と比較し、ボツワナは保健衛生の点においても旅行者にとって安全といえるでしょう。とはいえ、法律で定められていなくとも、旅行者は予防策を取っておくべきです。ボツワナは予防接種を必要としませんが、黄熱病常在国からの渡航者は必要です。

安全


ボツワナは訪れるのに比較的安全な場所ですが、わずかながら犯罪も起こっています。車のドア、ホテルの部屋や家の鍵は必ず掛ける、ホテルの部屋や車に貴重品を放置しない、ショッピングモールやナイトクラブなどの混雑した場所ではバッグに気を配るなど、基本的な安全対策を取るように心掛けましょう。

 

緊急時の連絡先
救急車 997
消防車 998
警察 999
医療救助 911

 



ボツワナ共和国大使館

〒108-0014 東京都港区芝4-5-10

カーニー・プレイス芝 6階

Tel: 81-3-5440-5676
Fax: 81-3-5765-7581